失敗は成功のもと!失敗を活かし成功するためには?覚えておきたい6つ活かし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
失敗は成功のもとと言いますが失敗はいやのものです。
その失敗を活かし、失敗から学ぶことで
成功に近づけるとしたらどうでしょう

 

 
失敗が怖くなり動けなくなって 悩んでいませんか?
 
私も、以前は失敗が怖くて動けなくなることがありました
何をするにも 失敗するというネガティブなイメージばかり湧いてきて
憂鬱な気分になったりしていましたが、

ここでご紹介する覚えておきたい6つの活かしたかを使えば、
簡単に失敗を活かし成功に近づくことができます。

 
 
失敗は成功のもと 失敗から学ぶ

 

私も失敗するたびに落ち込み、失敗を恐れるあまり動けなくなっていました。
失敗の活かし方がわかるとなんにでも前向きに取り組むことができるようになります。

簡単なことなので、ぜひ覚えておいてください

 
 
 

●「失敗」を活かせる人 「失敗」でダメになる人

 
 
ビジネス社会には「勉強料」という言葉があります
 
ダメージを受けても、居直ったり、必要以上に落ち込んでいたりしては何も学べません。
 
冷静かつ懸命に失敗の原因を分析してこそ、失敗が生きた授業料となるのです。
 
 
頭のいいビジネスマンは、失敗しても切り替えが早いものだが、
頭や気持ちを切り換える前に、必ず失敗の原因を分析しています。
 
なかには詳細な「失敗レポート」としてまとめている人もいます。
 
 
★失敗の原因を分析して次に生かす
 
 
 
移動時間はアウトプットに使う
 

■人生には成功する経験と学ぶ経験の2つしかない

 
 
→人生には失敗なんてことはない
 
 
エジソンは、ほかの成功者と同じように、自分のアプローチを改善するようにしていました。
ある日、エジソンは電球を開発するために実験のひとつに取り組んでいたが、
その実験は”失敗”に終わった。
 
爆発してしまったのだ。
 
彼の助手は失敗のくり返しに怒りを抑えきれなくなり、叫んだ
「できるわけないだろ!あなたは失敗したのさ」
 
しかし、エジソンに気にする様子はなかった。
彼は猛然でと自分に書き続けるだけだった。
 
助手が気を取り戻して、尋ねた
「何をしているのですか」
 
「今、爆発を起こす新しい方法を発見した。
そして、電球を作らないもうひとつの方法を学んだ。」
 
 
このように
★人生には成功と成功しなかったことから学ぶ 2通りしかない
 
 
 
人生に失敗はない 成功と学びしかない
 
 

●失敗の原因とは

 

 
夢は必ずかなえられる
ただ、当初思い描いていた方法でないこともある
 
セールスにおけるコミュニケーションの天才、マハン・カルサはかつてこういった 
 
「すべての失敗は、意識の欠如か、選択肢の欠如による」
あなたが顧客と話し合っているとしよう。そしてあなたのやり方はうまくいっていない。
 
もし、自分のやり方がうまくいっていないことに気づいていなければ、
ビジネスを成功させることはできないだろう。
 
つまり、あなたの意識は欠如しているというわけだ。
 
あなたの顧客がどうも納得していないことに気づいていないとする
しかし、どうすればいいのかわからない。
 
次の打つ手がもうない
この場合は、選択肢の欠如に悩んでいるということになる
 
 
★すべての失敗は意識の欠如か選択肢の欠如にある
 
 
 
失敗は成功の素 失敗の原因
 
 

●成功の反対は、失敗ではない

→ 挑戦しないと何も手に入らない

成功するためには、チャレンジする必要があります。
そのチャレンジの結果が成功するとは限りません。
失敗することもあります。
 
しかし成功の反対が失敗ではないのです
 
では、成功の反対は?それは「平凡」です
 
「成功」も「失敗」もチャレンジして手に入るものですが、
「平凡」は失敗の経験すら手に入らないのです
 
何よりも平凡な人生を求めている人に、魅力的な人はいません。
 
 
人が「平凡」を選びたがるのは、
失敗に対する恐怖心があるからです。
 
 
傷つくのではという恐怖、何かを失うのではないかという恐怖、
周囲からどうみられるかという恐怖。
 
どうしても失敗するのが恐ければ、その失敗を「どうしたら楽しめるか。」
 
これをあらかじめ決めておいたら良いでしょう。
 
 
あの長島茂男さんは、
現役書初期にいつも三振ばかりしていた頃
「きっと明日も三振するだろう。だったらいかに格好良く三振するかを研究しよう!」と
 
バットの降り方から転び方、しりもちのつき方まで研究したそうです。
何かを成し遂げる人は、失敗を避けようとは思っていないのです。
 
★平凡になってはいけない 失敗も楽しむ
 
 三振 挑戦 失敗は成功の元
 
 
 

●人の魅力、深み、器の広さを広げるには

 

→ 人生は、1チャレンジが1ページ

 

人の魅力や深み、器の広さは年齢に比例しません。
歳を重ねていても、深みのまったく感じられない人もいますし
若くても魅力的な人はたくさんいます。
この違いはなんでしょうか?
 
人生は1年が1ページではなく、
1チャレンジが1ページなのですチャレンジの少ない平凡な生き方では人生ページはめくれません。
 
だから深い内容が何百ページもある人もいれば、そうでもない内容が十数枚とぺらぺらな人もいるのです。
ページをめくるためには挑戦することです
 
挑戦するためには潜在能力を使わなければ叶わないような夢や目標を持つことがポイントです
できそうなことしか言わない人は、挑戦しなくてもいい人生を自ら選択しているのです。
 
行動を起こさない人は現実が変わりません。
もし、今の状況でや今の自分が「嫌だな」と思っていたとしても、
行動しなければ次のページは見えてきません。
 
いい状態でないならなおさらです。
そんなときこそいつまでも同じシーンに留まらずにページをめくるのです。
 
1チャレンジとは1リスク 1アクション
 
チャレンジの途中で「やらない」と変更することは構いません。
一番良くないのはリスクを恐れるあまり、チャレンジそのものを避けることです。
 
★1チャレンジ1ページ 深い内容の人生にする
 
 
1チャレンジ 1ページ
 
 

●「傷つく」ことは「磨く」こと

 
最近の20代の若者を対象としたデーターで、驚くものがありました
 
 
それはプロポーズと別れ話を伝えるとき
「直接」がいいか「メール」がいいかというアンケートで
「メール」を選んだ人が25%もいたのです
 
 
「そんな大事なことをメールでするなんて」と思いますが。
その理由がみんな ほぼ一緒「傷つきたくないから」
 
いったいどれだけ自分がかわいいのでしょうか
 
傷つけば、辛い思いもするでしょうし、痛い思いもするでしょう。
しかし、私たちはみな、傷つくことで成長するのです。
 
傷つくことを避けてばかりいると、心も身体も鈍感になります。
自分に鈍感になれば人の痛みにも鈍感になります。
 
傷つくことで痛みを知り、逃げずに正面から受け止めることで、
成長することができるのです。
 
だから、優しくなれるし、人を思いやることができるのです。
 
「贈る言葉」という歌の歌詞にも
 
信じられぬと嘆くよりも人を信じて傷つくほうがいい
人は悲しみが多いほど 人に優しくできるのだから
と歌われています
 
 
逃げてばかりでは、今だけでなく一生逃げて回ることになります。
だって傷つきたくないのだから、何にも挑戦できないでしょう。
 
そんな人に魅力的な人はいるでしょうか
「傷つく」ことは「磨く」ことに通じますが
どうでもよく傷ついていても磨かれません。
 
いつまで経っても傷は傷のままです
ダイヤの原石だって、傷をつけたままでは輝きません。
大切なのは傷ついた後に、それをどう磨きあげるかということなのです
 
 
★「傷つき」「磨く」ことでダイヤのような輝く人生にする
 
 
 
失敗は成功のもと 磨くこと ダイアモンド

 

参考: 「頭がいい人の習慣術」 小泉十三 著 (河出書房新社)

参考: 「成功の9ステップ」 ジェームス・スキナー 著 (幻冬舎)

参考: 「あなただから」といわれる営業マンになりなさい! 桑原正守 著 (学習研究所)

 

【まとめ】

ここでご紹介する覚えておきたい6つの活かしたかを使えば、
簡単に失敗を活かし成功に近づくことができます。

 

できるポイント

 

 

●「失敗」を活かせる人 「失敗」でダメになる人

 

ダメージを受けても、居直ったり、必要以上に落ち込んでいたりしては何も学べません。
 
冷静かつ懸命に失敗の原因を分析してこそ、失敗が生きた授業料となるのです。

 

★失敗の原因を分析して次に生かす

 

 

 

■人生には成功する経験と学ぶ経験の2つしかない

→人生には失敗なんてことはない

エジソンは電球を開発するために実験のひとつに取り組んでいたが、
その実験は”失敗”に終わった。
 
しかしエジソンは
「今、爆発を起こす新しい方法を発見した。
そして、電球を作らないもうひとつの方法を学んだ。」
 と言った
 
このように
 
★人生には成功と成功しなかったことから学ぶ 2通りしかない
 
 
 
 
 

●失敗の原因とは

★すべての失敗は意識の欠如か選択肢の欠如にある

 

 

 

●成功の反対は、失敗ではない

→ 挑戦しないと何も手に入らない

 

成功の反対が失敗ではないのです
 
では、成功の反対は?それは「平凡」です
 
「成功」も「失敗」もチャレンジして手に入るものですが、
「平凡」は失敗の経験すら手に入らないのです
 
★平凡になってはいけない 失敗も楽しむ
 
 
 

●人の魅力、深み、器の広さを広げるには

→ 人生は、1チャレンジが1ページ

人生は1年が1ページではなく、
1チャレンジが1ページなのですチャレンジの少ない平凡な生き方では人生ページはめくれません。
だから深い内容が何百ページもある人もいれば、そうでもない内容が十数枚とぺらぺらな人もいるのです。
ページをめくるためには挑戦することです
 
 
行動を起こさない人は現実が変わりません。
もし、今の状況でや今の自分が「嫌だな」と思っていたとしても、
行動しなければ次のページは見えてきません。
 
★1チャレンジ1ページ 深い内容の人生にする
 
 
 

●「傷つく」ことは「磨く」こと

傷つくことを避けてばかりいると、心も身体も鈍感になります。
自分に鈍感になれば人の痛みにも鈍感になります。
 
傷つくことで痛みを知り、逃げずに正面から受け止めることで、
成長することができるのです。
 
 
 
「傷つく」ことは「磨く」ことに通じますが
どうでもよく傷ついていても磨かれません。
いつまで経っても傷は傷のままです
 
ダイヤの原石だって、傷をつけたままでは輝きません。
大切なのは傷ついた後に、それをどう磨きあげるかということなのです
 
★「傷つき」「磨く」ことでダイヤのような輝く人生にする
 
 
 
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*