できる人の思考と仕事術を簡単にマネしてうまくいく方法|すぐに実践できる5つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
仕事を効率よく進めるためには 「頭のいい考え方」や「頭のいい仕事の進め方」、「頭のいい方法」をマネすればいいのですが
実際に「できる人」はどんな仕事術、思考をしているのでしょうか?
 
マネすればいいのはわかったけれど
そもそも「できる人」の仕事術と思考がわかな~いと
 
お手上げ状態になってしまいますよね。
 
 
できる人 仕事術 おてあげ

ここでご紹介するすぐに実践できる5つのコツを使えば、
簡単にできる人の思考がわかり、マネできるので仕事がうまくいくようになります。

私も、最初はなかなかできなかったですが、あせらず少しづづ実践し常に考え、習慣化することにより、仕事もプライベートも充実させることができました。

簡単にできる方法(コツ)なので、ぜひ試してみてください。

 
 
 
 

 

仕事とプライベートは区別すべきか?

 
 

● 仕事とプライベートは区別すべきか

オンとオフに境界線を曖昧にしておくとよい
 
どんな仕事でも考え方ひとつで、ラクにもなれば苦しくもなります。
 
締め切りが三日後と聞いてどう感じますか?
 
「あと三日しかない」と考えますか?
それとも
「まだ三日もある」と考えますか?
 
仕事の量や内容によっても感じ方が変わると思いますが
頭がいい人は「まだ三日もある」と考える人が多いです。
 
 
そして、
「頭がいい人」は
オンとオフの境界線を曖昧にしています。
 
オンとオフをて徹底しすぎると オンの時間が長くなって
なかなかオフの時間がとれなくなるとしだいにイライラがたまってきます。
 
オンとオフをきっちり分けるという考え方の根底には、
基本的に仕事とは苦しいもの、イヤなものだとする考えがあるのです。
 
これでは どんな仕事もラクに進めることはできなくなってしまいます。
 
「好きこそ物の上手なれ」というように、その仕事が好きなら
仕事の進め方もうまくなる。結果として、オフの時間もつくれるようになります
 
 
仕事を好きになることは大前提でそのうえで、
オンとオフの境界線をあえて曖昧にしておくことが大事です
 
仕事のアイデアというのは、
 
居酒屋でふと浮かぶこともあれば
公園を散歩して浮かぶこともある
その確立は退屈な会議よりも高いのです。
 
 

★ 仕事が好きでなくても考え方で好きになる

仕事そのものは好きじゃないかもしれません
しかし、その仕事の好きな部分もあるはずなので
その部分を焦点を当てて 好きになることも可能になります。
 
論理的な思考が好きだったら
問題解決が好きならトラブルも好きになることができます
 
面倒くさがりだったら実は
効率を上げるシステムをつくることが好きだったり
 
今の仕事はライスワーク 子どもを養い生きていくためと割り切り
 
副業で人に喜ばれる ライフワーク 人生を楽しむための仕事があってもいいと思います
 
私自身 体を使う肉体労働を行うときがあります。
筋トレしながらお金がもらえる!なんて素晴らしいんだ! とか 思いながら
頭の中では行き詰っている問題や仕事内容、アイデアなどを考えています
 
体を使う肉体労働であれば、体を使っている間は頭が空いているので
思考作業を同時に進めることが可能になります。
 
 
 
オンとオフの境界線を曖昧にすることが大事です
 
 
 
 できる人の休日
 
 

なぜ?ソニーの技術者は一流になっていくのか?

 
その秘密は「受身の仕事」をしているか「攻めの仕事」をしているかの違いです
 
「上司から言われたことを要領よくやっていれば
サラリーマンとして出世できるかもしれないですが、
仕事をする人間としては役立たなくなります。
 
仕事のできる人は、自分で仕事を見つけだしてきて、自分でそれを片付ける人のことなのです。
 
 
上司から与えられた仕事をこなす場合
上司や先輩からアドバイスが得られる。一度要領を会得してしまうと
その仕事は次からは単なる繰り返し作業になり
ルーティンワークになりかねないです。
 
自分で考えるということが少なくなります。
自分で考える思考が鈍くなってくると新しい発想も湧きづらくなってしまいます。
 多くの人が何かの指示を待つことになれてしまい、
本当に自分の頭で考えている人が多いのです。
 
ところが、
自分で見つけてきた仕事は、自分なりに工夫をしないと、なかなか要領がつかめないのです。
 
ソニーでは技術者が新製品の開発提案をすると
 
「そのテーブルサイズの大きな製品をタバコのパッケージ大の大きさでつくれ」と
至上命令がだされます。
 
提案した技術者は無理難題に頭を抱えることになるが、
言いだしっぺだからひっこみがつかない。
けっきょくその無理難題を必死で考えるしかなくなる。
 
 
こうして
ソニーの技術者は鍛えられ一流になっていきます。
 
「仕事は自分で見つける」というトレーニングを受けたから
ITや電気関係の会社の経営者にソニー出身者が多いのです。
 
このよう、自分で仕事を見つけることのメリットは計り知れないのです。
 
★ 自分で仕事を見つけ、自分なりに工夫をする
 
 
 できる人は自分で考える
 
 
 
 
 

エリートの中にもある、できる人とできない人の違いは?3つのyes

 
 
アメリカを動かすエリートの「3つのYES」とは
  • 目標を設定して
  • 目標を書きとめて
  • 目標達成の具体的な計画をたてる。
 
です。
 
 
アメリカ東部 の名門 エール大学の卒業生に
 
「あなたは目標を設定していますか?」
「その目標を書きとめていますか?」
「目標達成の計画はありますか?」
 
と質問したところ、すべての質問にイエスと答えた卒業生はわずか3%でした。
 
20年後 その 卒業生を追跡調査したところ
この年に卒業した学生の20年後の総資産のうち97%をこの3%の卒業生たちが握っていたのです。
 
「願望は強く願わないことには実現する可能性が低い」ことがわかった調査でした。
 
抽象的な目標ではなく
「一年後課長試験に合格する」
「今期の売り上げを10%アップさせる」などのように
 
できるだけ具体的な目標を設定し、書き留め、具体的な計画をたてるようにしましょう
 
 

 

 
 
 
 
 
 
目標を設定する。
 
目標を書きとめる(強く意識する)
 
目標達成の具体的な計画をたてる。
 
 
 
 できる人の目標設定
 
 

 

 
 

時間の余裕を生むできる人の思考とは?

 
 
些細なことにも優先順位をつけることが大事です
 
自動販売機で電車のキップを買ったとき、
キップとお釣り、どちらを先にとりますか?
 
 
どんな些細なことにも優先順位があります。
 
「頭がいい人」というのは
仕事の段取りはもちろん、日常のちょっとしたことにも優先順位をつけています。
 
たとえば
朝起きたら、最初にパソコンのスイッチを入れてから
着替える これは パソコンが立ち上がるまでの時間を有効活用するためです
 
 
このように、優先順位をつけてから行動するクセをつけておけば、
やがてそれが習慣になり、長い目で見れば、かなりの時間が生まれます。
 
優先順位は
必ずしも効率だけで考える必要はなく他人には遠回りに見えても
それが自分にとって快適なリズムならばそれでもいいのです。
 
大切なのは、自分なりに効率や快適性を考えて優先順位をつけるということで、
 
これは仕事でもまったく同じことであります。
 
 
優先順位をつけることが大事です
 
 
 
 
 
 

★ 職人は段取り命 

私が職人時代に言われたことが 
「職人は段取り命」だったり「職人は段取り8割」という言葉です
 
材料がなければ仕事ができないし
現場にいっても作業の順番などが打ち合わせしていないと他の職人さんや
作業と重なってしまい、自分の仕事ができなくなります。
 
実際、現場で行う作業は全体的な仕事から見ると2割程度しかなく
現場作業以外での段取りが8割以上なのです。
 
 
作業内容の優先順位、段取りの優先順位などが明確になっている人は
「できる」職人さんでした
 
 
職人=プロ であれば当たり前の考え方なのかもしれません。
 
 

★ 明日の仕事のシミュレーションが大事

 

明日の仕事や自分の予定を前日にシミュレーションしてますか?

 

前日のうちに翌日の予定を確認するとともに
予定内容の優先順位を明確にしておくと良いです

 

優先順位が明確でないと目の前のことに精一杯になってしまい

 

優先順位が高いものがおろそかになってしまい
どんどん問題が大きくなることがあります。

トラブルや問題に対する解決方法を見つけるにもこの
優先順位は大変役に立ちます

 
 
 時間の余裕
 
 
 
 

仕事ができる人はマニュアルをどのように使うか?

 
●仕事ができる人はマニュアルを補う
 
 
「マニュアル世代」という言葉があります。
 
マニュアルがないと何もできない世代、マニュアルに書いてあるとおりのことしかできない
=機転の利かない世代と言う意味で使われることが多いです。
 
さらにこの言葉には「マニュアル」それ自体にへの悪意も込められているのです。
 
そこで
「世の中、マニュアルどおりにはいかない」と言う人もいるけれど本当にそうなのでしょうか?
 
 
世の中で起きることの10%や20% あるいは 半分くらいは
「マニュアルどおりにはいかない」かもしれない
 
しかし
100%中
80~90または半分くらいは「マニュアルどおりにいく」のです
 
マニュアルの重要性にいついては、
野口悠紀雄氏も『「超」勉強法ー実践編』(講談社)のなかで次のように指摘しています。
 
「アクセルの踏み方を知らずに車を運転できる人はいない。
ところが、不思議なことに勉強になると方法論を軽視したり否定する人がいる。
(中略)
しかし、この考え方は誤りである。勉強の方法論を軽視する人は、往々にして
独りよがりに陥る。」
 
 
この文章の「勉強」という言葉は「仕事」と置き換えることができ、
 
世の中には無数のマニュアルがあります。
 
活字になったものもあれば、
先輩や上司から口伝されたマニュアルもある。
 
そこには同じ問題で苦労を重ねてきた先人たちの智恵がギッシリつまっています。
 
マニュアルをバカにしてはいけません。
特に新しい仕事を始めるとき、マニュアルは重要な指針となります。
 
大切なのは自分に合ったマニュアルを選び、それを自分のものにすること。
 
マニュアルにないことは自分なりに工夫をすることであるのです。
 
★自分に合ったマニュアルを選らび 足りない部分は自分で補う。
 
 
 
 参考:「頭がいい人の習慣術」 小泉十三 著 (河出書房新社)
 
できる人のマニュアルの使い方
 
 
 
 
 

【まとめ】

今回ご紹介したすぐに実践できる5つのコツを使えば、
できる人の仕事術、思考術で簡単にできる人の思考がわかり、マネできるをして仕事がうまくいくにすることができます。

 

仕事とプライベートは区別すべきか?

● 仕事とプライベートは区別すべきか

仕事を好きになることは大前提でそのうえで、
オンとオフの境界線をあえて曖昧にしておくことが大事です
 

★ 仕事が好きでなくても考え方で好きになる

仕事そのものは好きじゃないかもしれません
しかし、その仕事の好きな部分もあるはずなので
その部分を焦点を当てて 好きになることも可能になります。
 
オンとオフの境界線を曖昧にすることが大事です
 
 
 
 

なぜ?ソニーの技術者は一流になっていくのか?

その秘密は「受身の仕事」をしているか「攻めの仕事」をしているかの違いです

上司から与えられた仕事をこなす場合
上司や先輩からアドバイスが得られる。一度要領を会得してしまうと
その仕事は次からは単なる繰り返し作業になり
ルーティンワークになりかねないです。
 
自分で考えるということが少なくなります。
自分で考える思考が鈍くなってくると新しい発想も湧きづらくなってしまいます。
 
ところが、
自分で見つけてきた仕事は、自分なりに工夫をしないと、なかなか要領がつかめないのです。
 
 
★ 自分で仕事を見つけ、自分なりに工夫をする
 
 

エリートの中にもある、できる人とできない人の違いは?3つのyes

アメリカを動かすエリートの「3つのYES」とは
 
 
目標を設定する。
 
 
 
目標を書きとめる(強く意識する)
 
 
 
 
目標達成の具体的な計画をたてる。
 

です

「願望は強く願わないことには実現する可能性が低い」ことがわかった。

 

 

 

時間の余裕を生むできる人の思考とは?

 

些細なことにも優先順位をつけることが大事です

 

「頭がいい人」というのは
仕事の段取りはもちろん、日常のちょっとしたことにも優先順位をつけています
 
 
優先順位をつけることが大事です
 
 
 

★ 職人は段取り命 

 

私が職人時代に言われたことが 
「職人は段取り命」だったり「職人は段取り8割」という言葉です
 
作業内容の優先順位、段取りの優先順位などが明確になっている人は
「できる」職人さんでした
 

★ 明日の仕事のシミュレーションが大事

前日のうちに翌日の予定を確認するとともに
予定内容の優先順位を明確にしておくと良いです

 

トラブルや問題に対する解決方法を見つけるにもこの
優先順位は大変役に立ちます

 
 

仕事ができる人はマニュアルをどのように使うか?

 
●仕事ができる人はマニュアルを補う
 
マニュアルをバカにしてはいけません。
特に新しい仕事を始めるとき、マニュアルは重要な指針となります。
大切なのは自分に合ったマニュアルを選び、それを自分のものにすること。
マニュアルにないことは自分なりに工夫をすることであるのです。
 
 
 
 
★自分に合ったマニュアルを選らび 足りない部分は自分で補う。
 
 
 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*