優柔不断で選択に迷ったとき簡単に判断が早くなり仕事がスムーズに進める方法|すぐに実践できる3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
判断に迷うときはありませんか?人間は一日に9000回選択しているといいます
選択を迫られたとき優柔不断のために悩んでいませんか?

私も、以前は優柔不断で、
選択をせまられる場面でははなんとなく憂鬱な気分になったりしていましたが、

ここでご紹介するすぐに実践できる3つのコツを使えば、
簡単に判断が早くなり仕事がスムーズに進めることができます。

 
仕事 選択 迷い

私も、なかなか選択できず優柔不断になってしまうことがありますがコツを押さえることで判断が早くなり仕事でも頼られる存在になりました

簡単にできるコツなので、ぜひ試してみてください。

 

 
 
 
 
 

☆楽なしごと、嫌な仕事どちらを先に済ませるか迷ったら

 
●「楽な仕事」と「嫌な仕事」どちらを先にすませるか?
 
アメリカのビジネス界には「ジャッキー・ワードの法則」といわれるものがあります。
 
「私は、面倒な謝罪の電話、トラブル処理の会議などは、
さっさと片付けてしまうことにしています。
それらを未解決のままに先延ばしにしていると、イヤな思いをしている時間が
それだけ長くなって、そのせいで、楽しく生産的にやれるはずの仕事にも悪影響がでてきますから。」
というものだ、
 
ワード社長によれば、もうひとつの利点があるといいます
 
多くの恐ろしいことは、実際に手をつけてしまえば、想像するほど恐ろしくないことがわかることだという
 
「案ずるより産むが易し」ということです。
 
 
ファイナンシャルプランナーのブレッキン・パブロッキ女史は
「営業職は、一日の初めには嫌なことをするな」と正反対の法則を提唱します。
 
その理由は、まず楽しいことから始めれば、心が軽くなってリラックスするからだという。
 
はたして、真っ向から対立する両法則のどちらを信じればいいのか?
 
どちらが正しいかということより、
 
両者の性格の違いに着目してみるべきだと思います。
 
ワード社長は悲観派で
「嫌なことからはじめよ」と提言するのは、彼女自身がイヤなことが残っているかぎり
楽しいことからはじめてもリラックスできない性格だと想像できます。
 
いっぽうパブロッキ女史は楽観派で
「楽しいことからはじめよ」と教えるのは
彼女自身が、楽しいことから始めさえすれば、
イヤなことが残っても心楽しくなれる性格だからでしょう。
 
どちらの法則を信じるかは
どちらの性格に属しているかによります
 
 
”朝イチの仕事”をあなたはどう始めるべきか診断方法
 
 楽観派 悲観派 診断
 
 
 
★ 朝の仕事が一日を左右する。
 
 
 
 朝 仕事 選択 出社
 
 

●次の日の行動は前日に決めておくとよい

自分の性格がわかれば、前日にスケジュールに組んでしまうと良いです。
 
出社してからあれこれ考えると時間だけが過ぎてしまい
嫌な仕事 楽な仕事をあれこれ悩んでいる時間がもったいないです。
 
 
前日に自分の朝イチの仕事と行動を決めておけば
考えずにまずその仕事にとりかかる。
 
仕事を進めていくうちに頭も仕事モードに切り替わり
やる気も集中力もあがってくるので前日のうちに次の日の仕事を決めておき
何も考えず、機械的に作業をこなすようにしましょう。
 
★次の日の行動は前日に決めておく
 
 

☆「確実な事」と「不確実な事」どちらを優先する?

 
まずは、何が確実で何が不確実であるか、見極めなくてはならない。
 
たとえば
社内の打ち合わせと社外の打ち合わせも同様に重要です。
 
どちらが確実かというと圧倒的に社内の打ち合わせということになります
 
社内の打ち合わせは途中で打ち切ってもその場でつづきの約束をさえ交わせば、
再召集かけることはたやすい。
 
それにたいして、社外の打ち合わせは交通渋滞や事故などの可能性がつきまとう
その不確実性は大幅にアップするのです。
 
 
となるとここでひとつの習慣術が見えてくる。
「不確実なことから先に押さえろ」と言うものです
 
確実に時間どおり着くかどうかわからない場所には、
社内会議も食事も後回しにして真っ先に現地に到着しておく。
 
あるいは、確実にOKがとれるかどうかわからない相手はいちばんに押さえておく。
 
後者についてはその相手のOKが仕事の大前提ならない場合でもそうすべきでしょう。
 
「変更可能なことはとにかく先に決めてしまう」というのもひとつのポイントといえます。
 
 
★ 変更可能なことから処理する。
 
 
 
できるビジネスマン 会議の時間
 
 
 
 

●仕事がうまくいかないときは逃げるべきか

→ ムリはしない
 
仕事相手の契約不履行があったり自分のミスによって会社に大損失を与えたりしたときは
どんなにガッツのあるビジネスマンもがっくりと落ち込みます。
 
そしてその一方で他に抱えている仕事をなんとか大成功させようとムリをする
一発逆転を狙うのは林の中からグリーンを狙うようなもので
さらに泥沼への道を突き進むことになります
 
 
そういう大スランプのときは
もうダメだという絶望感と何くそという焦りから自分の気持ちをそらさなくてはいけません
 
そんなときにおすすめなのが、
心が空っぽになるような単純作業です。
 
趣味などによるリフレッシュなどではなく精神的エスケープするのである。
 
黙々と経費の精算をはじめ一日中電卓をはじきつづけるなどは
単純作業により気がまぎれるだけでなく
嫌なことを思い出していると計算間違いをするため
自動的に嫌な思いが追い出されることになる
 
 
机の整理でもよいです
いらない資料や書類を抱えてゴミ箱に運んでいったり
机を拭いたりしたりという労働がともなうとより
疲れたついでに腰を伸ばしたり、屈伸したりの軽い運動もできる。
 
 
★ スランプからムリに脱出しようと焦らない。
 
 やる気が出ない スランプ できる人の習慣
 
 
 
 
 
 
 
参考:「頭がいい人の習慣術」 小泉十三 著 (河出書房新社)
 
 
 
 

【まとめ】

今回ご紹介したすぐに実践できる3つのコツを使えば、
選択で簡単に判断が早くなるをして仕事がスムーズに進むにすることができます。

 一休み 休憩 コーヒー
 
 

☆楽なしごと、嫌な仕事どちらを先に済ませるか迷ったら

 

面倒な謝罪の電話、トラブル処理の会議などは、
さっさと片付けてしまう
または
営業職は、一日の初めには嫌なことをするな
 
二つの法則があります。
 
どちらの法則を信じるかは 悲観派か楽観派
どちらの性格に属しているかによります。
 
★ 朝の仕事が一日を左右する。
 
 

●次の日の行動は前日に決めておくとよい

 
前日に自分の朝イチの仕事と行動を決めておけば
考えずにまずその仕事にとりかかる。
 
★次の日の行動は前日に決めておく
 
 

☆「確実な事」と「不確実な事」どちらを優先する?

 

まずは、何が確実で何が不確実であるか、見極めなくてはならない。

 

「変更可能なことはとにかく先に決めてしまう」というのもひとつのポイントといえます。
 
 
★ 変更可能なことから処理する。
 
 
 

●仕事がうまくいかないときは逃げるべきか

→ ムリはしない

 

 

大スランプのときは
もうダメだという絶望感と何くそという焦りから自分の気持ちをそらさなくてはいけません
 
 
そんなときにおすすめなのが、
心が空っぽになるような単純作業です。
経費の精算や机の整理がオススメです
 
★ スランプからムリに脱出しようと焦らない。
 
 
 
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*