できる人とできない人の違いは?|できる人になって豊かになろう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
 
なんであの人は仕事ができるのだろう?
スポーツも趣味も華麗にこなす できる人ってすごい!
お祭りやイベントでも要領よくこなすパパ友、ママ友。
 
仕事でも友達でも なにをやってもうまくこなす「できる人」「頭がいい人」っていますよね
 
できるビジネスマンや仕事仲間はどんなことを考えているんだろう?
できる人とできない人はの違いや差はなんだろう?と思ったことはありませんか?
 
 
できるビジネスマンの仕事術
 
 
仕事がうまくいかず
「できる人」と「できない人」の違いは?なんなんだろうと
僕も頭を悩ませた時期があり
「頭がいい人」、「できる人」をうらやましい気分やときには
うとましく思ったりしていましたが、
 
ここでご紹介する
できる人とできない人の違いを理解し、できる人になれる方法がわかれば
 
少しづづ できる人に近づくことができ
仕事、家庭、人生が今より豊かにすることができます。
 
僕も不器用で何をやってもうまくいかなかったけれど、
だんだんとできるようになって、気がつけばまわりの友達から色々要領よくこなせる
「できる人」として見られるようになってきました。
 
 
簡単にできるコツなので、ぜひ試してみてください。
 
 
 

 毎日のちょっとした心がけが「頭がいい人」「できる人」にする。

 
できるポイント
 

・どんどん二極化する「デキる人間」と「デキない人間」

 
 
どんな会社にも仕事の「デキる人」と「デキない人」がいます
 
「デキる人」は、与えられて仕事をスイスイとこなすのはもちろん、
何か問題が起きたときは、問題が大きくなる前にすぐその解決方法を見つけ出し、
ササッと早めに処理をしてしまう。
 
ほとんどの仕事を、人の半分くらいの時間ですませてしまうから、
仕事以外の時間も多くなり、休暇やオフの過ごし方がとても充実している。
 「デキる人」
 
その一方で
 
「デキない人」は すべての仕事が押せ押せになってしまいます。
毎日のように残業がつづき、仕事が終っても、まっすぐ家に帰って寝るだけ。
 
休日は疲労困憊した身体を休めることで精一杯。
 
自分に何かインプットする時間がないから、アイデアもでなければ、話題にも乏しい。
 
少し前までの僕が仕事が遅くどんどんたまっていく一方で
後手後手になるから多くの問題を抱えてしまう
この典型的な「デキない人」でした。
 
 
 
「デキる人間」と「デキない人間」の両者の違いはどこにあるのでしょうか?
 
それは「頭のよさ」と「習慣」の違いによるのです
 
 
仕事というものは、ルーティンワークはもちろん、
まったく新しいプロジェクトを立ち上げるような場合でも、 
 
そのプロセスを細かく見ていけば、「これまでやってきた仕事の積み重ね」という
ケースが圧倒的に多いのです。
 
目標を設定し、そのための計画を練る。
 
そして、根回しをしたり、他社と交渉するなどして仕事を完成させていく。
 
そこには、それまだまったく経験したことのない仕事や作業というのは
めったに出現しない。
 
つまり
そうした仕事を効率よく進めるためには
 
 
 
 
「頭のいい考え方」や「頭のいい仕事の進め方」を
完全に自分のものにしておく
 
「習慣化」
 
してしまうことが必要なのである。
 
 

・どうすればもっとラクできるか?」を考え続ける

 
 
世界の自動車王 アメリカのヘンリーフォードは子どものころから
「どうすればラクができるか?」を考え続けた人間でした。
 
トヨタの「かんばん方式」も 
どうすれば効率的にクルマをつくることができるかと考えられ、
 
言い方をかえると
「どうすればラクにクルマがつくれるか?」ということを徹底して考えた結果、
生みだされたものであります。
 
 
つまり
「どうすればラクができるか?」ということを考え続ける習慣
「頭がいい人が要領のいいやり方」をみつけだしているのです
 
「どうすればラクができるか?」というテーマは
発明や発見のもとであり、文明を進歩させる大きな推進力になってきました。
 
自分はどんなに考えたところで、
そんな「頭のいい方法」は発見できない、というかもしれないけれど、
 
「頭のいい方法」は、何もオリジナルである必要はなく、
誰かが実践している「頭のいい方法」をマネすればいいのです。
 
 
 
 

「どうすればラクになるか?」を考えることは、けっして悪いことではない。

 

楽 ねこ 余裕

 
「どうすればラクになるか?」を考えることは、けっして悪いことではないのです。
 
たとえ一見「手抜き」に見えるようなことでも、
そのことを考え、実践することは、仕事力を高め、一人ひとりにより多くの時間を生み出すことができます。
 
つまり、人生を豊かにすることができ人間を幸せにすることができます。
 
 
アインシュタインは、その昔 ラジオで
 
「世界の人々に送りたいメッセージは?」とたずねられ、
 
ドイツ語で「selbstswerk」と答えたといいます。
 
意味は、「それ自体が目的であること」
 
これだけでは何のことかわからないが、のちに
その言葉の意味を次のように解説しました。
 
「労働の成果それ自体が目的ではない。
生産とは、われわれの生活をラクにし、人生をいくぶんか美しく、
人生を洗練するもののはずだ。
人間がたんなる生産の奴隷に堕してばならない。」
 
 
「頭がいい人」はけっして 
「生産(仕事)の奴隷」になりません。
悠々と仕事をこなし
優雅にオフをすごす。
そこで養った英気、智恵、教養が、また次の仕事を悠々とこなすためのエネルギーになる
好循環をうむのです。
 
 
 
 
 
「頭のいい考え方」や「頭のいい仕事の進め方」を
完全に自分のものにしておく
 
「習慣化」していきましょう。
 
 
 
 
参考:「頭がいい人の習慣術」 小泉十三 著 (河出書房新社)
 
 
 

【まとめ】

 一休み 休憩 コーヒー
 
 
今回ご紹介したできる人とできない人の違いを理解し、
 
「頭のいい考え方」や「頭のいい仕事の進め方」を
完全に自分のものにしておく「習慣化」していければ
 
仕事、家庭、人生が豊かになり、幸せな人生にすることができます。
 

● 毎日のちょっとした心がけが「頭がいい人」「できる人」にする。

・どんどん二極化する「デキる人間」と「デキない人間」

 

 どんな会社にも仕事の「デキる人」と「デキない人」がいる
「デキる人間」と「デキない人間」の両者の違いはどこにあるのでしょうか?
それは「頭のよさ」と「習慣」の違いによるのです
 
 
「頭のいい考え方」や「頭のいい仕事の進め方」を
完全に自分のものにしておく
「習慣化」
してしまうことが必要なのである。
 
 

・どうすればもっとラクできるか?」を考え続ける

「どうすればラクができるか?」ということを考え続ける習慣
「頭がいい人が要領のいいやり方」をみつけだしているのです
 
「頭のいい方法」は、何もオリジナルである必要はなく、
誰かが実践している「頭のいい方法」をマネすればいいのです。
 
 
 

●「どうすればラクになるか?」を考えることは、けっして悪いことではない。

 

「どうすればラクになるか?」を考えることは、けっして悪いことではないのです。
 
たとえ一見「手抜き」に見えるようなことでも、
そのことを考え、実践することは、仕事力を高め、一人ひとりにより多くの時間を生み出すことができます。
 
つまり、人生を豊かにすることができ人間を幸せにすることができます。
 
「頭がいい人」はけっして 
「生産(仕事)の奴隷」になりません。
 
 
 
「頭のいい考え方」や「頭のいい仕事の進め方」を
完全に自分のものにしておく
「習慣化」していきましょう。
 
 
 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*