才能がある人とない人の差について理解して才能の差を埋める方法|あなたにもできる3つ差の埋め方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
できる人できない人、才能の差はなぜあるのでしょうか?
才能がある人とない人の差についてなぜ差があるのか?と考えたことはありませんか。
 
私も
才能って、極一部選ばれた人が生まれつき神様から授かっている特殊な能力のことで
何もさずかっていない自分の未来をいつだって、なるべく期待せずに眺めるようにしていたり
たとえ夢を抱いても、才能のない自分には叶えられないとあきらめながら生きてきました。

 

ここでご紹介するあなたにもできる3つ差の埋め方を使えば、
簡単に才能の差がわかり才能がある人ない人、アイデアがある人、ない人の差を理解してその差を埋めることができます。

 
才能の差 頭がいい人 悪い人
 
私も才能は天性のもので埋めることはできないと思っていたけれど、
実はその差はたったわずかのことに気づきその差を埋めるために継続することで
才能のわずかな差という意味がわかるようになってきました

簡単にできる方法なので、ぜひ試してみてください

 
 

 
 
 

●「アイデアがある人」と「ない人」のわずかな差とは?

 
 
アメリカの某出版社の社長が心理学者に社員の心理カウンセリングを依頼した。
 
アメリカでは、会社主導の心理カウンセリングは日常茶飯事だから、
社員たちは、何の疑いもなくカウンセリングに応じた。
 
だが、社長は社員には告げていないもくろみがあっのだ。
 
 
それは「わが社員の一人ひとりの創造性を調査する」だった
 
社長は、自分の社員の創造性に不安を抱いて、そのユニークな心理調査を依頼したのです。
 
 
一年間にわたって社員一人ひとりの心理調査を行った心理学者は、
つぎのような実に興味深い報告を社長に提出しました
 
 
「創造性のある社員と創造性のない社員は、半々だった。
だがその両者を分けるのは、けっして先天的な能力ではなく、
きわめてささいなことだったのです。
 
 
創造性のある社員は自分を創造的だと思っており
創造性のない社員は自分を創造的でないと思っている。
 
 
その違いがあるだけでした。
 
大きな救いがあるように思えるこの報告だが、
裏を返せばきわめてシビアは指摘を突きつけています
 
それは、自分にアイデアがないと思ってしまったら
それだけで、本当にアイデアのない人になってしまうということです。
 
自分にアイデアがないと思っている人は、概して、アイデアというものを
空前の大発明だと思っている傾向がある。だからこそ、何も導き出せないのでいるのです
 
ほんのちょっとしたヒネリ、あるいは、何かをプラスする。
それがアイデアなのです。
壮大なことを考えたりせず、
つまらない小さなことに目を向ければにわかにアイデアの道が開けてくるでしょう。
 
新しいアイデアとは 既存のアイデアと 既存のアイデアの組み合わせなのです。
 
 
 
★アイデアはあると思えば湧いてくる
 
 
できるポイント
 
 
 
 

■才能に大差はない

→才能に大差はない。あるのは「反復の差」
 
 
「あの人は才能があるから」「才能がある人はやっぱり違うね」
よくこんな言葉を耳にしますが
人にそんな大差はないのです。
 
 
できる人とできない人の
差があるとすればそれは「反復の差」
 
才能がすべてと思われがちな画家も、大切なのは反復だと聞きます。
 
音楽一家に育った子どもが素晴らしいバイオリニストになるのも、
幼いころから練習に練習を重ねるから、
 
一流のスポーツ選手が一流たるゆえんは、
一流の練習を積んできたからなのです。
 
そう考えると彼らの積み重ねられて努力を「才能」の一言で片付けてしまっては
かえって失礼なのではないでしょうか。
 
 
一瞬にして才能になる、能力になるようなものはないのです。
どれだけ反復したか、この差が能力の差となるのです。
 
もちろん、その反復が能力になるまでの早さには個人差があるでしょう。
しかし、これは他人と比べるのではなく、意識を自分に向けることが大切です。
 
無理だどあきらていたようなことが、何度も何度も反復することでできるようになる
逆上がり、自転車、クラブ活動、楽器
 
初めは「できなかった」ことが、くり返して反復することで「できるようになる」。
 
多かれ少なかれ、皆さんがそういった経験があるのではないでしょうか。
 
一度できるようになったものはすでに能力です。
今度はよほどのことがない限り、早々できなくなることはありません。
 
★できるようになるまで「反復」して能力として身につける
 才能とは努力を継続できる力
 
 
 
 

●「頭がいい人」と「本当に頭がいい人」の違い

 
自分にはアイデアがあると信じるのは、いい。
絶対にイケると信じるのも、いい。
 
ですが、「自分は頭がいい」と思い込むのはけっしていいことではないです
 
 
物理学者・寺田寅彦がこんな言葉を残しています。
 
「科学者は、たしかに頭がよくなくてはならない。が、そのいっぽう、
科学者は頭が悪くなくてはならない、というのも真実である。と
 
頭のいい人とは、いわば足の早い旅人のようなものだ。
 
頭の力を過信するあまり、物事を簡単に見抜こうとしてしまうのだ。
 
たとえば、富士山が何であるかは、山頂に達するプロセスを一歩一歩踏みしめてみないとわからない。
だが、頭の人は、すそ野から山頂を眺めただけで、富士山の全体をとらえたと過信する」
 
 
精神科医の和田秀樹氏も
「自分のことを頭がいいと思った時点で発達がとまる」と言っている
 
自分の賢さを過信して、いっさいの努力をやめ、人のいうことを聞かなくなる。
 
そういう人間を、和田氏は何人もみてきた。
 
 
たとえば
助教授時代には外国の文献を根気よくあさり、
常に考察の力を磨いた人間が教授に昇進後、
パタリと勉強しなくなり、根拠のない思いつきを自説とするようになる。
 
和田氏にいわせれば、そうした人間は、
自分じたいが権威であり、自分の語ることが真実だと思い込み、
 
もはや何も学ぶ必要がないのだとカン違いしている。と
 
「カン違い人間」にならないためには、
 
「自分は頭がいい」と思わない心の習慣が必要となる
 
 
各分野で一流として活躍している人でさえも
みな口々に「まだまだ修行中」だという。
 
 
★常に上を目指し修行し続ける
 
 本当に頭がいい人は修行に身をおく
 
 

参考: 「頭がいい人の習慣術」 小泉十三 著 (河出書房新社)
参考: 「あなただから」といわれる営業マンになりなさい! 桑原正守 著 (学習研究所)

 

【まとめ】

ここでご紹介したあなたにもできる3つ差の埋め方を使えば、
簡単に才能の差がわかり才能がある人ない人、アイデアがある人、ない人の差を理解してその差を埋めることができます。

 

一息 休憩

 

●「アイデアがある人」と「ない人」のわずかな差とは?

 

一年間にわたって社員一人ひとりの心理調査を行った心理学者は、
つぎのような実に興味深い報告を社長に提出しました
 
 
創造性のある社員は自分を創造的だと思っており
創造性のない社員は自分を創造的でないと思っている。

★アイデアはあると思えば湧いてくる

 

 

■才能に大差はない

→才能に大差はない。あるのは「反復の差」

 
できる人とできない人の
差があるとすればそれは「反復の差」
一瞬にして才能になる、能力になるようなものはないのです。
どれだけ反復したか、この差が能力の差となるのです。
 
 
初めは「できなかった」ことが、くり返して反復することで「できるようになる」。
多かれ少なかれ、皆さんがそういった経験があるのではないでしょうか。
一度できるようになったものはすでに能力です。
 
 
 
★できるようになるまで「反復」して能力として身につける
 
 

●「頭がいい人」と「本当に頭がいい人」の違い

 
自分にはアイデアがあると信じるのは、いい。
絶対にイケると信じるのも、いい。
ですが、「自分は頭がいい」と思い込むのはけっしていいことではないです
 
 
「自分のことを頭がいいと思った時点で発達がとまる」と言っている
 
自分の賢さを過信して、いっさいの努力をやめ、人のいうことを聞かなくなる。
 
 
 
各分野で一流として活躍している人でさえも
みな口々に「まだまだ修行中」だという。
 
★常に上を目指し修行し続ける
 
 
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*