できる人の時間の使い方!簡単に自分の時間をつくる時間の有効活用法|すぐに実践できる3つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

できる人頭がいい人はちょっとした時間を有効に使い自分の時間にしています
時間の使い方でムダに浪費している時間が多いと悩んでいませんか?

私も、以前はムダな時間の浪費が多く、
いつも時間がない時間貧乏でどうしたものかとなんとなく憂鬱な気分になったりしていましたが、

ここでご紹介するすぐに実践できる3つのコツを使えば、
簡単に空き時間やちょっとしたコツで自分の時間をつくることができ時間を有効に活用することができます。

 

すきま 時間の活用

 

私も突然できた空き時間などは ボ~と過ごして無駄に使って 時間貧乏になってましたが、
時間を有効活用することで自分の時間を作り出し家族との時間を多く作ることができました。

簡単にできるコツなので、ぜひ試してみてください。

 

 

 
 
 
●プラス思考が「自分の時間」をつくる
 
 
ビジネスマンは一日どのくらいの「自由時間」をもっているのでしょうか?
東京都情報連絡室が行ったアンケートによると
 
 
一時間未満・・・14.7%
一時間以上に時間未満・・・26,1%
二時間以上三時間未満・・・27,2%
 
この数字を見るとビジネスマンといっても人によって忙しさが違うことがわかります。
 
実際、何が「自由」で何が「拘束」かは、人の感じ方によってまったく違います。
 
出張する際の車中などは、鉄道好きや旅行好きには儲けもの「自由時間」に
思えるだろうし、
 
その反対に、いまいましい「拘束時間」に思える人もいるでしょう。
 
一日のうちでどこまで「自由時間」をもてるかは
その人がどれだけ「プラス思考」できるかによって違ってくるのです。
 
「二時間以上三時間未満」と答えた人のほうが仕事を楽しむ術をしっていたりするのです。
 
 
★ プラス思考で仕事や時間の使い方を考える
 
 
プラス思考が時間を生む
 
 

● 現場仕事は筋トレ!?

 
建築工事や土木工事、穴掘りと言った肉体労働はどういったイメージがあるでしょうか?
 
一般的には 「危険」、「汚い」、「きつい」 といった 3Kと呼ばれ 好んでやりたがる人はいないと思います。
 
しかし
水道工事、土木工事経験者の私から見ると こんなに 肉体改造に適した仕事です。
 
危険な作業があるから、普段より体の体幹やバランスに気をつけ、手を離したら危険だから自然と腕にも力が入り
握力がつき
 
穴掘りは全身運動になり 筋トレをしながらお金をもらえるといった 体を鍛えることが好きな人にとっては理想的な仕事なのです。
 
言われたことだけをやるのではなく仕事の全体像を捕らえ、現場の流れ、準備、段取り、効率よく進める方法を考えるといった
クリエイティブな部分も多くあります。
 
こういったプラス思考で考えてみると あなたの仕事も楽しむことはできます。
 
 
 

☆ 空いた時間の使い方

→空いた時間はインプットよりアウトプットに使う

 

ある雑誌記者は大阪に取材旅行にいったとき

帰りの東京行きの新幹線のなかで、

その雑誌記者は、早くもパソコンをとりだして原稿執筆を始めるといいます。

 
彼いわく「電車に長い時間乗っているのがキライなので、ヒマで退屈でどうしようもないから
原稿書きでもしてやろうかって気になるんです」
 
「そうでもなきゃ、とても原稿書きなんて始める気が起こらないんですよ」と
これはなかなか人間心理を突いた習慣術だなと感じました。
 
 
他に楽しいことがいろいろできそうなときは
たしかに原稿を執筆しようという気にはなれません。
 
原稿執筆するしかないときとは案外、車中や機内に長々と閉じ込められているときなのかもしれないのです。
 
「移動時間は、出先時間はインプットでなくアウトプットのチャンス」と指摘しているのです。
 
ここでのアウトプットとはふだんは書くヒマのない手紙、面倒な原稿、業務日報などを書くことです
 
 
彼は、それらのアウトプットのとっかかりに苦労するほうなので
いっそのこと移動時間や出先時間を選ぶのだというのです
 
 
つまりそれ以外のことは何もできない時間を意図的に選んでいるのです
 
頭に入れるインプット集中と頭からだす アウトプット集中は、種類が違います。
仕事の場合、どちらかといえば
頭に入れるほうが要求される集中度合いが高いです。
 
そのことは
話を聞くよりも話をするほうがラクなことでもわかります。
その意味でも雑音や振動で集中力をそがれる車内、機内での移動時間はアウトプットにこそふさわしいのです
 
 
★ 移動時間は脳の出力に使う
 
移動時間はアウトプットに使う
 
 

● 紙とペンがあれば、スマホがあれば できる 空き時間の使い方

 

空いた時間の有効活用について 準備が必要だと以前も書きましたが、

→スキマ時間を有効活用する準備が大事

 

 

紙とペンがあれば できることもあります。

今抱えているトラブル、問題の解決方法をブレインダンプやマインドマップといった方法などを使って
書き出して、 それを実際の行動に移すまでの方法を書き出す。

これをやると 抱えている問題にたいして  すぐに行動をうつすことができます。

 

また、
プロジェクトや企画の

  • コンセプトを考える
  • ターゲットを想像して決める
  • ターゲットに対してのアプローチ方法は何があるか
  • 集客方法はどうすうるか
  • 記事や文章、キャッチコピーを考える

など、紙とペンがあれば 頭の中にあるものを出力することで具体的になっていきます。

 

 

スマホがあれば

自動車の運転中や渋滞に巻き込まれたときでも

  • 録音機能を使って自分のアイデアを出力
  • 音声入力を使って テキストやメモ帳に 文章をストック

など 画面を操作することは危険ですが、

しゃべることを記録することで アウトプットができます

 

 

 

 

 
 

● 時間を浪費しない「メール」の約束ごと

メールチェックの時間をきめる。
 
ビジネスマンの多くは頻繁にメールの受信をチェックしています。
しかしこれが仕事の能率を低下させているのです。
 
メールチェックの時間をきめ
それ以外の時間は見向きもしない
すぐにレスポンスができるともかぎらないので
フラグ機能を使って重要と思われるメールには印をつけておくのは常識です。
 
できるなら
返信の文面がきちんと書ける時間があるときだけ、
メールを開くことにするとよいです
そうすることで受信と返信が一度に終わり、作業が早く終わるからです。
 
★ メールチェックの時間をきめる。
 
 
 
メールを送るタイミング
 
 

 
● 「返事とお礼」はすぐやる!

 

目の前の仕事に忙殺されているとどうしても返事とお礼は後回しになりがちです。

伝言、メール、FAXは仕事のペースを中断させる
闖入者にほかならないですが。
だから、テキパキと仕事を進める人ほどえ返事とお礼を後回しにする傾向にあるのです

ところが
スピード読書術やスピード勉強術などでしられる
中谷彰宏氏は「返事とお礼はすべての仕事より優先する」という習慣術を掲げています。

中谷氏がいうには返事を送らないままにしておくと
そのことが気になって、今やっている仕事に集中できなくなるという。
そこで、彼は手をつけている仕事を中断しても返事やお礼を優先する

返事やお礼はやってしまえば五分程度で済む
その程度の時間であとの仕事が集中できるのならずっと費用対効果がよいのです。

ただし返事とお礼を手早くこなすために
パソコンにメールや手紙のヒナ型をインストールしておくとよいでしょう。

 
 
★ メールをチェックする時間を決めて、すぐに返事を送る。
 
 
 
 
 参考:「頭がいい人の習慣術」 小泉十三 著 (河出書房新社)
 
 
 

【まとめ】

 
今回ご紹介したすぐに実践できる3つのコツを使えば、
簡単に空き時間やちょっとしたコツで自分の時間をつくることができ時間を有効に活用することができます。
 
コーヒーブレイク 紅茶
 
 

☆自分の時間をつくるプラス思考

 
→プラス思考が「自分の時間」をつくる
 
実際、何が「自由」で何が「拘束」かは、人の感じ方によってまったく違います。
出張する際の車中などは、鉄道好きや旅行好きには儲けもの「自由時間」に
思えるだろうし、
その反対に、いまいましい「拘束時間」に思える人もいるでしょう。
一日のうちでどこまで「自由時間」をもてるかは
その人がどれだけ「プラス思考」できるかによって違ってくるのです。
 
 
★ プラス思考で仕事や時間の使い方を考える
 
 

● 現場仕事は筋トレ!?

穴掘りは全身運動になり 筋トレをしながらお金をもらえるといった 体を鍛えることが好きな人にとっては理想的な仕事です。
言われたことだけをやるのではなく仕事の全体像を捕らえ、現場の流れ、準備、段取り、効率よく進める方法を考えるといった
クリエイティブな部分も多くあります。
こういったプラス思考で考えてみると あなたの仕事も楽しむことはできます。
 
 
 
 

☆ 空いた時間の使い方

→空いた時間はインプットよりアウトプットに使う
 
 
頭に入れるインプット集中と頭からだす アウトプット集中は、種類が違います。
仕事の場合、どちらかといえば
頭に入れるほうが要求される集中度合いが高いです。
そのことは
話を聞くよりも話をするほうがラクなことでもわかります。
その意味でも雑音や振動で集中力をそがれる車内、機内での移動時間はアウトプットにこそふさわしいのです
★ 移動時間は脳の出力に使う
 
 

● 紙とペンがあれば、スマホがあれば できる 空き時間の使い方

 

紙とペンがあれば できることがあります。

今抱えているトラブル、問題の解決方法をブレインダンプやマインドマップといった方法などを使って
書き出して、 それを実際の行動に移すまでの方法を書き出す。

これをやると 抱えている問題にたいして  すぐに行動をうつすことができます。

 

スマホがあれば

自動車の運転中や渋滞に巻き込まれたときでも

  • 録音機能を使って自分のアイデアを出力
  • 音声入力を使って テキストやメモ帳に 文章をストック

などができます。

 

● 時間を浪費しない「メール」の約束ごと

メールチェックの時間をきめ
それ以外の時間は見向きもしない
 
★ メールチェックの時間をきめる。
 
 
 

● 「返事とお礼」はすぐやる!

 
目の前の仕事に忙殺されているとどうしても返事とお礼は後回しになりがちです。
 

返事やお礼はやってしまえば五分程度で済む
その程度の時間であとの仕事が集中できるのならずっと費用対効果がよいのです。

ただし返事とお礼を手早くこなすために
パソコンにメールや手紙のヒナ型をインストールしておくとよいでしょう。

 

★ メールをチェックする時間を決めて、すぐに返事を送る。

 

 

 

 
今回ご紹介したすぐに実践できる3つのコツはどうでしたか?
簡単に空き時間やちょっとしたコツで自分の時間をつくることができ時間を有効に活用することができます。

 

ぜひ試してください。

 

できるビジネスマンの時間の生み出し方|簡単に時間を生み出す4つのコツ

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*