できるビジネスマンの時間の生み出し方|簡単に時間を生み出す4つのコツ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

余裕を生むためにスケジュールの立て方も大事ですが 時間を生み出す方法もあります

時間管理はうまくできるようになってきたけど もっと 時間に余裕を持ちたいと悩んでいませんか?

私も、以前は時間管理はできるようになったのですが
もっと 色々なことがやりたく、 時間を生み出すことはできないかと考えた時期がありました。

ここでご紹介するすぐに時間を生み出す4つのコツを使えば、
簡単に時間を生み出すことができ余裕が生まれるようになります。

余裕のある時間 できるビジネスマンの時間の生み出し方

 

 

余裕を生むスケジュールを立てることに集中してましたが 時間を生み出すという発想に目からうろこが落ちました

簡単にできるコツなので、ぜひ試してみてください。

 

 

 
それは「十五分の空き時間」の有効利用である
朝起きてから寝るまでの一日を思い浮かべてみましょう
忙しいビジネスマンは自由な時間は一分もないというが本当でしょうか?
 
昼食を終えて仕事に戻るまでの時間、会議と会議の合間
仕事先で早めに着いた時の待ち時間
それらを加算すれば 15分×2 15分×3くらいな
「自由な時間」がみつかるはずです。
 
竹内氏は「十五分の空き時間」を使ってコツコツ断片をつくりながら、
何冊ものほんを書き上げてきたといいます。
 
ジグソーパズルは
多くのピースからなっています
 
それと同じで全体の構想さえみていれば
ピース一片一片をしあげていく方式になんら不都合はない
膨大な時間を掛けて一気にしあげる必要はないのだ
竹内氏はそのために「切り替え」が大切だと強調しています。
 
同時にさまざまな仕事をこなしていくためにはそれぞれの仕事が互いの時間を侵略しあわないように
しなければなりません。
 
ひとつの仕事の終了ゴングがなったら、その仕事はパッと切り上げ
べつの仕事のリングに移る必要があるのです。
そうしてこそはじめて、一日が有効な時間の集合になるというわけです。
 
 
★「十五分の空き時間」の有効利用する
 
 
 
時間の生み出し方 ジグソーパズル
 
 
 
 

●「スキマ時間」を仕事にどう活かすか

時間の長さについて イメージを変えることで
一日のスキマ時間を有効な時間に変えることができるのです。
 
 
糸川英夫氏はスキマ時間を有効利用する習慣術を鮮やかに示してくれました。
 
とあるラジオの音楽番組に出演したとき
すこし早めにスタジオ入りした糸川氏は
本番の十分前に番組スタッフの前でリハーサルを始めて
その日弾く曲の最後の仕上げを行いました。
 
糸川氏によれば、この十分がきわめて貴重な時間でその調整があるのとないのとでは
大きな違いがあるといいます。
 
ふつうの人ならば「十分しかない何もできない」と思うところを
糸川氏は「意識的」に最終仕上げの時間にあてたのだ
ここで肝心なのは「意識的」という点である
 
糸川氏は
「スキマ時間を有効利用するためには、その日のどこに
どれだけのスキマ時間があるかをあらかじめ予測しておく必要がある」という
スキマ時間も予定の一部にほかならないというわけです
 
 
一般のビジネスマンに応用すれば
その日に行う重要なプレゼンの資料が整理されていないことに気づく
ふつうならパニックに陥りかねない危機だが、
通勤電車のなかでスキマ時間を探していくうちに「あわてることはない」ことがわかる
 
 
つまり
プレゼンは午後一時半からだから
その五分前にコピーが終わっておけばいい
 
コピーにかかる時間は二十人分でおおよそ10分。
昼休みは正午から一時までだが
昼食を15分ですませれば、40分~50分ほどの整理と書き直しの時間があることになる
九割は仕上がっているのだから「もう心配ない」と言うように
 
 
時間は常にじゅうぶんにあるのです
 
 
本番直前のスキマ時間は、あらかじめ予測することにより
ギリギリに時間から予定の一部に早変わりする。
 
 
★スキマ時間を有効に使う
 
 
 
 
すきま 時間の活用
 
 

● スキマ時間を有効活用する準備が大事

 スキマ時間を有効活用するにはそれなりの準備が必要になります。
 
資料作成なら 資料の準備や
読書するなら本を持ち歩いてないといけません。
 
予想外に時間が空いてしまうときも想定して
空いた時間で何をするか、何ができるかリストアップしておくと便利です
 
  • 読書
  • アイデアマップ、マインドマップ作成
  • スマホの音声入力を利用して文章の作成
  • 手紙の返事
  • メールの返事 

 

 

など リストアップすると良いでしょう。

 

 

★ スキマ時間を有効活用する準備をする

 
 
 
 
 

● 時間を買うという時間の生み出しかた

→ 「時間を買う」という考え方を取り入れる
 
現代ではあちらこちらで時間が売られています。
現代に起こった産業といえば ほとんどが「時間ビジネス」である。
 
 
洗濯機、クルマ、新幹線、ファーストフード、インターネット
それらはすべて時間の短縮を商品化したものといえます
頭のいいビジネスマンは、買って得する時間と 損する時間をちゃんと見極めているのです。
 
 
例えば
編集者にはライターからデザインのプロデュースまですべて外注するタイプと
その二つを自分でやってしまうタイプがいます。
 
ライターからデザインのプロデュースまですべて自分でやってしまうタイプは
経費の大幅削減を建前とするのですが、
何でも自分の手でやる方式では、手がける本の数は限られてしまいます。
 
 
一方
ライターからデザインのプロデュースまですべて外注するタイプは
経費を使って自分の時間を「買って」いるため
多くの出版物を同時にプロデュースできます。
 
 
年間のタームでみれば、外注の経費を差し引いても、
ライターからデザインのプロデュースまですべて外注するタイプのほうが
圧倒的に利益を生んでいることが多いです。
 
 
もちろんもっと個人的な時間の「買い方」もあります。
 
資料探しを有料のデータベース・サービスで代行する。
 
長距離通勤のビジネスマンが指定席やグリーン車を奮発することで
電車に座れる時間を買うこともできる。それによって
仕事の能率が格段に上がるのならそれは安い買い物だといえるのです。
 
 
 
★「時間を買う」という考え方を取り入れる
 
時は金なり 時間を買う
 
 

● ランサーズなどのクラウドソーシングの活用

 
最近ではランサーズなどのクラウドソーシングがあり
色々な仕事を依頼できるようになりました。 
 
 
  • システム開発・運用
  • web製作・webデザイン
  • デザイン製作
  • ライティング・ネーミング
  • タスク・作業
  • 翻訳・通訳サービス
  • マルチメディア
  • ビジネス・事務・専門

などなど

そこから 新しい依頼先を見つけたりすることもできるようになり
ますます、便利になってきましたね
 
 
 
 
クラウドソーシングとは

クラウドソーシング(英語: en:crowdsourcing)は、不特定多数の人の寄与を募り、必要とするサービス、アイデア、またはコンテンツを取得するプロセスである。このプロセスは多くの場合細分化された面倒な作業の遂行や、スタートアップ企業・チャリティの資金調達のために使われる。クラウドソーシングは群衆(crowd)と業務委託(sourcing)を組み合わせた造語で、特定の人々に作業を委託するアウトソーシングと対比される。 クラウドソーシングは狭義では不特定多数の人に業務を委託するという新しい雇用形態を指す。広義では、必ずしも雇用関係を必要とせず、不特定多数の人間により共同で進められるプロジェクト全般を指す場合もあり、その場合オープンストリートマップ(OSM)やreCAPTCHAなどが代表例として挙げられる。

 

参照: クラウドソーシング ウィキペディア

 

 

 

 
 
 

●ピーク時をさける 「反対思考の時間術」の利点と欠点

→ 時間を生むことにとらわれすぎない
 
 
アメリカのウォール街には「反対思考」という言葉があります。
 
多くの人が売るときに買い
多くの人が買うときに売る、
 
株式投資家の心得を表した言葉です。
 
 
評論家のケン・クーパーは、この「反対思考」からヒントを得て
「殺到をさけるために、常にピーク時をはずせ」という発想をアメリカ中に広めました。
 
 
この発想はビジネスの時間術にも十分に応用することができます。
 
例えばプリントアウトやコピーは社員が昼食で出払っているときにする
 
接待の宴会は木曜日と金曜日はさける
 
ATMの利用は昼休みと夕方をさける
 
5・10日、午後三時以降はタクシー乗らない 
などです。
 
 
あまり人のやることを避けてばかりいると
人の習慣からはずれていくことになり
花見や忘年会などははずすと花見でも忘年会でもなくなったりしてしまいます。
 
多くの人が集まる時間と時期をはずすということは
それだけ多くの人が求める習慣をすてていくことになるわけで
 
頭のいい時間術のモットーは人生の楽しみを捨てることではなく
人生の楽しみを増やすことにあります。
 
 
くれぐれも時間を生み出すことに意地になりすぎないようにしましょう
 
★時間を生むことにとらわれすぎない
 
 
 
 
コピー ピークを避ける
 
 
● 混雑を避ける
 
基本的に混雑を避けるように行動するといいでしょう。
 
高速道路の移動時には早く出て渋滞をさけたり
電車なら通勤ラッシュをさけるなどすることにより
座席に座ることができ 読書の時間を確保することもできます。
 
 
お昼ごはんも 正午より10分前に飲食店に入ることで 
待ち時間なく お昼ごはんを食べることができ
仮眠できる時間を作れたり します。
 
 
人の習慣を意識することで時間を生み出すこともできます。
 
 参考:「頭がいい人の習慣術」 小泉十三 著 (河出書房新社)
 
 
 

【まとめ】

 ここでご紹介する時間を生み出す4つのコツを使えば、
簡単に時間を生み出すことができ余裕が生まれるようになります。
 
時間が生み出す 余裕
 

 

☆多忙なできるひとの時間算出方法

 

●多忙な人こそ「時間産出術」を実践せよ

 

「十五分の空き時間」を使ってコツコツ断片をつくりながら、

ジグソーパズルのように

同じで全体の構想さえみていれば
ピース一片一片をしあげていく方式になんら不都合はない
膨大な時間を掛けて一気にしあげる必要はないのです。
 
 
ひとつの仕事の終了ゴングがなったら、その仕事はパッと切り上げ
べつの仕事のリングに移る必要があるのです。
そうしてこそはじめて、一日が有効な時間の集合になるというわけです。
★「十五分の空き時間」の有効利用する
 
 
 

●「スキマ時間」を仕事にどう活かすか

 

時間の長さについて イメージを変えることで
一日のスキマ時間を有効な時間に変えることができるのです。
 
 
本番直前のスキマ時間は、あらかじめ予測することにより
ギリギリに時間から予定の一部に早変わりする。
★スキマ時間を有効に使う
 
 
 

● スキマ時間を有効活用する準備が大事

 
スキマ時間を有効活用するにはそれなりの準備が必要になります。
 
資料作成なら 資料の準備や
読書するなら本を持ち歩いてないといけません。
 
予想外に時間が空いてしまうときも想定して
空いた時間で何をするか、何ができるかリストアップしておくと便利です
 
★ スキマ時間を有効活用する準備をする
 
 
 
 

● 時間を買うという時間の生み出しかた

 
→ 「時間を買う」という考え方を取り入れる
 
 
 

● ランサーズなどのクラウドソーシングの活用

 

最近ではランサーズなどのクラウドソーシングがあり
色々な仕事を依頼できるようになりました。 
 

●ピーク時をさける 「反対思考の時間術」の利点と欠点

→ 時間を生むことにとらわれすぎない
 
 
反対思考」からヒントを得て
「殺到をさけるために、常にピーク時をはずせ」という発想は
ビ ジネスの時間術にも十分に応用することができます。
 
あまり人のやることを避けてばかりいると
人の習慣からはずれていくことになります
 
くれぐれも時間を生み出すことに意地になりすぎないようにしましょう
 
★時間を生むことにとらわれすぎない
 
 
 
 ここでご紹介する時間を生み出す4つのコツを使えば、
簡単に時間を生み出すことができ余裕が生まれるようになります。
 
ぜひ試してください。
 
 
 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*