できる人の習慣術チョットしたことで成果が変わる|すぐに実践できる5つの習慣

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
できる人はどんなことをやっているのだろうか?
どんなことを習慣にしているのだろうか気になります
ちょっとしたこと、簡単にできるデキル人の習慣ってなんだろうと考えたことありませんか?

ここでご紹介する すぐに実践できる5つの習慣を使えば、
ちょっとしたことで成果を変えることができます。

 
 
 
できる人は自分で考える
 

私も ちょっとした習慣を変えることで仕事の効率が上がったり気分や思考が安定したり少しづつですが変化して、
気がつくと周りから「最近調子いいね♪」なんて声をかけられるようになってきました。

簡単にできる習慣なので、ぜひ試してみてください。

 

☆できる人が返事とお礼をするタイミングとは?

 
●「返事とお礼」はどのタイミングでするのか
 
目の前の仕事に忙殺されているとどうしても返事とお礼は後回しになります
 
伝言、メール、FAXは仕事のペースを中断させ、
闖入者にほかならない。
だから、テキパキと仕事を進める人ほどえ返事とお礼を後回しにする傾向にあります
 
ところが
スピード読書術やスピード勉強術などでしられる
中谷彰宏氏は「返事とお礼はすべての仕事より優先する」という習慣術を掲げています
 
中谷氏がいうには返事を送らないままにしておくと
そのことが気になって、今やっている仕事に集中できなくなるというのです。
そこで、彼は手をつけている仕事を中断しても返事やお礼を優先させます
 
返事やお礼はやってしまえば五分程度で済み
その程度の時間であとの仕事が集中できるのならずっと費用対効果がよいのです
 
ただし返事とお礼を手早くこなすために
パソコンにメールや手紙のヒナ型をインストールしておくとよいでしょう
 
 
 
★返事とお礼はすべての仕事より優先する
 
 
できる人 頭がいい人 習慣 メールのタイミング
 
 
 

☆短時間でできる頭のいい人のひと手間

 
● 終業後の「ひと手間」が明日を楽にする
 
 
仕事の切れ目というものはどこにあるのでしょうか
 
本来仕事は一日一日を切り離して考えることができないものです。
 
今日の仕事は常に明日の仕事につながっています
長期計画のうえでは今日の仕事は完成からさかのぼった一点と考えるべきなのです
 
 
その発想に立てば終業の後に翌日の仕事をおさらいしておく心がけが必要になります
 
 
具体的には会社を出る前に「翌日の仕事内容を箇条書きにする」
などです
 
 
そうすることで明日を超えて一週間後、二週間後の仕事の進め方もおのずと見えてくるものです
 
その作業は十分もあればできます。
 
頭のいいビジネスマンは日々 短時間で
つぎの仕事の布石を打っているのです。
 
 ★会社を出る前に「翌日の仕事内容を箇条書きにする」
 
 
スランプ脱出 やる気をだす できる人 習慣
 
 

●偉大なる先人に学ぶ「朝の使い方」とは

 
 
フランスの詩人ポール。ヴァリーは生涯を通して早起きを守りつづけた
 
毎朝、夜明け前に起きてそれから数時間を思索にふけってすごしました。
 
ロシアの文豪トルストイも朝を「神聖な時間」とよんで思索にあてました。
 
ドイツ社会学者・経済学者のマックス・ウェバーはけっして朝に新聞を読みませんでした。
 
 
頭脳がもっとも活発に働くのは朝であると知っていたウェーバーは重要な書物を読む時間に使いました。
 
大詩人、大文豪、大社会学者にとって頭脳が活性化する時間は
起床から7,8時間後という計算ではじきだされる時間ではなく、あくまでも
朝でなくてはならなかった。
 
彼らはその根拠を示していないが、こういう創造者には、論理を超えた知的本能が備わっているだけに
抵抗しがたい説得力があります
 
ふつうのビジネスマンは昼までのオンタイムをアポ取りの電話や上司への相談・報告などの
ウォーミングアップですごしてしまいます。
 
だが、有能なビジネスまんは午前中にプロジェクトの企画書づくりや
困難な交渉などをこなします
脳が盛んに活動している午後二時の七回裏までに一日の勝負の大半を決しておくのです
 
★午前中で勝負を決める
 
 できる人は見切り発進する
 
 
 
 

●デキる人はやはり「朝型人間」か

 
朝方人間といわれる早起き型にのひとの
毎日五時間の睡眠はさぞ不健康だろうと思っていましたが
いがいに健康的なのかもしれないです
なにやら完全な朝型体質が朝から夜までの稼動をフルパワーにしていると感じます
 
一般に朝型人間は、夜型人間にくらべて
仕事の能率が高いといわれています。
 
アメリカのウィルキンソン博士は
人間生理の研究から、そのことを証明しています
 
ウィルキンソン博士によれば
人間の脳の働きは、体温の上昇するにしたがって活発になる。
複雑な計算なども、体温の上昇がピークになったときに
最も正解率が高くなるというのです。
 
博士の研究では人間の体温はベッドに入っている夜中の四時ころが最も低く
起床してからゆっくりと上昇をはじめ
午後二時ころピークをむかえる
それを境に 夜に向かって下降線をたどっていくという
 
つまり朝型人間は一日の仕事を野球にたとえると
午後二時から四時にごろラッキーセブンの攻勢をかけ、
夜の八時ころからリリーフやクローザーをくりだして逃げ込み態勢にはいる。
 
そう考えるとますます朝から夜までの時間は朝型人間の「ホームグランド」という気がしてきます
 
もっとも朝型のビジネスマンがフルパワーを発揮できるのは
あくまでもほとんどの会社の勤務形態が朝型になっているせいでもあるのです
。。。
 
 
 
 
朝 仕事 選択 出社
 

★体のリズムは無視しない

 
●「夜型の人」のための一発逆転の発想術とは
 
 
一日の仕事をコース料理にたとえてみる。
コース料理はいきなりメインディッシュがだされることはなく
かならずオードブルからはじまります
 
仕事もそのように軽いツマミからはじめていけばいいというわけです
 
この発想で肝心なところは
「自分がいつ集中というメインディッシュにとりかかるのかを強く意識しておくこと」
 
言い換えれば、一日に集中する時間をもつことさえできれば
それは何時で合ってもかまわないということになります
 
それが早朝であろうと深夜であろうと、一日に二時間の集中をすることができればいいとしているのです
 
この発想は一日というのはその日によって違うという現実感覚をベースにしています。
 
 
トルストイやウェバーが
朝に集中する習慣を保っていたのは彼らが
周囲に影響されない作家、学者だったからでもあるのです
 
 
その点ビジネスマンの場合は、
午後一番までに勝負をかける習慣をもっていたとしても、
仕事相手の都合で習慣を変えさせられることも常に頭においておかなければなりません。
 
 
また体調や気分も日によってまちまちです。
 
 
今日は何時までにこれをやるぞと決めていても
どうしても頭が働かない日もあります。
 
 
その反対に思わぬ時間に頭が働きだすこともあります。
 
 
状況もバイオリズムも個人で差があるのは当然のこと
あれば、朝だけを創造の時間と決め付けるのはたしかにナンセンスなのです。
 
 
★自分のピーク時に逆転する
 
 
 
 できる人 習慣 ピーク
 
 
 

●人に自慢できる趣味をもったほうがよいのか

 
 
オフタイムでのリフレッシュも
仕事で集中するために重要な要素であります
 
しかし昔ながらの仕事人間は概して リフレッシュの仕方が下手です
 
オフタイムの息抜きは非常に重要というところまでわかっている
だからさまざまな「息抜き」をする
ソバ打ち
ゴルフ
水彩画
ダンス
手帳の中の土日は毎週なにかしらの教室で埋まっている
何か特別な息抜きがなくてはならないという脅迫観念にかられては元も子もないのです
 
 
好きではない趣味をムリにやったりすると
仕事より疲れてしまいます。
 
 
一番いけないのは人に自慢できる趣味、いかにも趣味らしい趣味をもとうとして
見栄をはってはいけません
 
 
趣味は心底、自分の好きなことでなくてはならないのです
 
 
どんなにカッコ悪いものでも、奇妙なものでも
自分が好きであればそれでいいのです
 
趣味とはあくまでも自分ひとりをなぐさめるものであって
他人に批評を必要とするものでありません
 
 
好きでさえあれば 趣味はなんだってかまわないです
 
本当にできるビジネスマンは、仕事上で劣等感をもっていないため
趣味で見栄をはろうとはしないのです。
 
 
★趣味で見栄をはらない
 
 
 できる人 趣味 ゴルフ

 

●「好き・嫌い」の感情を仕事に活かす。

 

轡田氏は「好き、嫌いがあるのは自然なこと、あったほうがいいくらいだ」
ともいいます。そして

「いちばんいけないのは好き嫌いがあるのに、それを自覚していなかったり、
冷静、客観的なふりをしたりすることだ」と付け加えています

「好き」という気持ちは、「嫌い」の反対感情である。
何かを強烈に嫌う感情があってこそ、何かを強烈に愛する感情が育つといえるのです。

自分が何が嫌いなのかをはっきりと認識することは、
自分が何を好きなのかを認識することにつながるわけなのです。

何かをはっきりと認識するためには、
好き、嫌いの理由を書き出してみるといいです。
すると、自分が求めている商品コンセプトが見えてきます。

たとえば自分は、なぜA社のビールが好きで、B社のは嫌いなのか、を考えてみる

自分も消費者のひとりであるのだから、
その作業は、ある層のターゲットへの研究を深めることにもなり
「なんとなく好き(嫌い)」では仕事のプロとはいえないのです。

 

★好き、嫌いの理由を書き出してみる

 

 

 

好き嫌い できる人

 

 

参考: 「頭がいい人の習慣術」 小泉十三 著 (河出書房新社)

 

【まとめ】

すぐに実践できる5つの習慣を使えば、
ちょっとしたことで成果を変えることができます。

 

一休み 休憩 コーヒー

 

 

 

☆できる人が返事とお礼をするタイミングとは?

 

 

目の前の仕事に忙殺されているとどうしても返事とお礼は後回しになります

返事を送らないままにしておくと
そのことが気になって、今やっている仕事に集中できなくなるります。
 
返事やお礼はやってしまえば五分程度で済み
その程度の時間であとの仕事が集中できるのならずっと費用対効果がよいのです

 

 

★返事とお礼はすべての仕事より優先する

 

 

☆短時間でできる頭のいい人のひと手間

 

 

● 終業後の「ひと手間」が明日を楽にする

 

 

今日の仕事は常に明日の仕事につながっています
長期計画のうえでは今日の仕事は完成からさかのぼった一点と考えるべきなのです
 
 
その発想に立てば終業の後に翌日の仕事をおさらいしておく心がけが必要になります
 
 
 
 
 ★会社を出る前に「翌日の仕事内容を箇条書きにする」
 
 
 
 

●偉大なる先人に学ぶ「朝の使い方」とは

 
大詩人、大文豪、大社会学者にとって頭脳が活性化する時間は
起床から7,8時間後という計算ではじきだされる時間ではなく、あくまでも
朝でなくてはならなかった。
 
有能なビジネスまんは午前中にプロジェクトの企画書づくりや
困難な交渉などをこなします
脳が盛んに活動している午後二時の七回裏までに一日の勝負の大半を決しておくのです
★午前中で勝負を決める
 
 

●デキる人はやはり「朝型人間」か

朝方人間といわれる早起き型にのひとの
毎日五時間の睡眠はさぞ不健康だろうと思っていましたが
いがいに健康的なのかもしれないです
なにやら完全な朝型体質が朝から夜までの稼動をフルパワーにしていると感じます
一般に朝型人間は、夜型人間にくらべて
仕事の能率が高いといわれています
 
朝から夜までの時間は朝型人間の「ホームグランド」なのです。
 
 
 

★体のリズムは無視しない

 
ビジネスマンの場合は、
午後一番までに勝負をかける習慣をもっていたとしても、
仕事相手の都合で習慣を変えさせられることも常に頭においておかなければなりません。
 
また体調や気分も日によってまちまちです。
今日は何時までにこれをやるぞと決めていても
どうしても頭が働かない日もあります。

 

その反対に思わぬ時間に頭が働きだすこともあります。
状況もバイオリズムも個人で差があるのは当然のこと
あれば、朝だけを創造の時間と決め付けるのはたしかにナンセンスなのです。

 

★自分のピーク時に逆転する

 

●人に自慢できる趣味をもったほうがよいのか

 

好きではない趣味をムリにやったりすると
仕事より疲れてしまいます。
 
 
一番いけないのは人に自慢できる趣味、いかにも趣味らしい趣味をもとうとして
見栄をはってはいけません
 
 
趣味は心底、自分の好きなことでなくてはならないのです
 
 
好きでさえあれば 趣味はなんだってかまわないです
本当にできるビジネスマンは、仕事上で劣等感をもっていないため
趣味で見栄をはろうとはしないのです。
★趣味で見栄をはらない

 

 

 

●「好き・嫌い」の感情を仕事に活かす。

「いちばんいけないのは好き嫌いがあるのに、それを自覚していなかったり、
冷静、客観的なふりをしたりすることだ」と付け加えています

「好き」という気持ちは、「嫌い」の反対感情である。
何かを強烈に嫌う感情があってこそ、何かを強烈に愛する感情が育つといえるのです。

★好き、嫌いの理由を書き出してみる

 

 

 

社会の荒波にうまく乗るための【できる人】【頭がいい人】の仕事術と習慣術

 

SNSでもご購読できます。

コメント

コメントを残す

*