本当のプラス思考を簡単に手に入れてビジネスで役立たせる|使えるプラス思考の3つのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイナス思考よりもプラス思考でいることが大事だといいます
ビジネスで使える本当のプラス思考どんなプラス思考でしょうか?

 

ここでご紹介する本当のプラス思考という3つのポイント理解すれば、
簡単に本当のプラス思考をビジネスに取り入れて手に入て役立たせることができます。

プラス思考が時間を生む

 

私もなんでもポジティブ、なんでもプラス思考と頑張っていましたがミスが多く悩んでいました、
本当のプラス思考のポイントを押さえることで明るく前向きに物事をとらえることができ
ストレスから離れ、仕事のミスを減らすことができました

簡単にできるポイントなので、ぜひ試してみてください。

 

 

●「プラス思考」は、本当にビジネスに必要か?

 
自分にアイデアがあると思えば、それだけでアイデアマンになれます
 
これは 明らかに「プラス思考」といっていいでしょう
「プラス思考」の効果はじつは最先端の脳科学によっても裏付けられているのです
 
 
「プラス思考」というのは
ひとくちに言えば「絶対にイケる」と信じるむことです。
それは、一種の麻薬的快感をともなう興奮状態を生み出します。
 
その状態は脳科学的には、脳波がα波(リラックスしているときに出る脳波)なっており
脳内ではβエンドルフィン(快感をもたらす物質)が分泌されている。
 
さらに、その状態ではA10神経が刺激されて記憶力もアップしている。
 
 
また、「プラス思考」で仕事を続けると、海馬における
電気刺激が盛んになることによってタンパク質が合成され、
神経細胞の結合が強固になる。
つまり、筋トレによって筋肉が鍛えられるように
脳が鍛え上げられるのです。
 
逆転ホームランを打った選手がヒーローインタビューで
「絶対に打てると思って打席に入りました」とコメントすることがあります
 
ふつうに聞いているとたんなるプラスイメージの効果と思えますが
 
「打てる」と信じることによって
彼らの脳が活性化し、全身の運動能力をふだん以上に高めているのです。
 
運動能力を生む基地はいうまでもなく脳である。
だからこそ、打てると信じた打者は、むずかしい球をとらえることができ、
かつたたくことができる。よって「芯でとらえた会心の当たり」でなくとも、
ボールは内野を越え、あるいはフェンスを越えることもあります。
 
 
このようにビジネスマンも、常に「プラス思考」をする習慣を身につけるだけで、
 
越えられなかった壁をすこしづつ越えられるようになるのです。
 
ただし、
「プラス思考」は「楽観論」とは違うので、そのへんは誤解のないように
「楽観論」は現実の危機に気づいていないか、気づいても目をそむけるかの
逃避をベースにしています。
 
 
★プラス思考は楽観論ではない。
 
 
プラス思考
 
 
 

●本当のプラス思考は「最善」でけでなく「最悪」を想定することからはじまる。

 → 最悪を想定できることが本当のプラス思考
 
本当のプラス思考とは、いいいことばかりではなく、将来起こりうる最悪の事態も想定し、
それに備えておくことです。
 
「備えだけに意識を向けるべき」などと言っているのではありません。
夢や目標は、それこそ大いに描くことが大切です。
 
だからこそ、それを実現させるためにも起こりうるマイナスの事態も想定しておくことが
必要なのです。
 
最大メリットは、想定内だと呼吸が乱れない、余裕が生まれる、イニシアチブがとれるということ
たとえ対策がなかったとしても、想定している人はそれだけで強いのです、なぜなら、
想定いない人とはすでにスタート地点が違うからです。
 
本当のプラス思考とはこのように最善と最悪の「ふり幅」をもたせておくことです。
 
 
★最悪を想定して最善を尽くす
 
 
失敗は成功のもと 失敗から学ぶ
  
 
 

●自分に対する「批判」は大いに利用せよ

 

→批判を「利用」する能動的立場へ

 

コラムニストの轡田隆史氏は
朝日新聞で『素粒子』というコラムを書いていた当時、
毎日のように批判の矢を浴びたという

ゾッとする過激な批判もあった。
最初はそれらにいちいち腹を立てていたが、
数年を経るにつれて、「なるほど」という気持ちをもつようになったという。

じっさい、投書に書かれた批判のうち、
二割は、大いに参考になる意見だった。

彼はこうした批判に優れたところを積極的に探して、
むしろ自分の考え方を高めるなど、利用するようにもなったという。

批判を受ける受動的立場から、批判を「利用」する能動的立場へ
轡田氏はそんな習慣じゅつを身につけてのだ

批判をときに利用し、飛躍へのバネにする。
そういう柔軟さがあれば、頭はけっしてサビない

組織のなかでも確実にステップアップしていけるものだ。

 

★批判をときに利用し、飛躍へのバネにする柔軟さが大事

 

批判 クレームを活かす

 

 

参考: 「頭がいい人の習慣術」 小泉十三 著 (河出書房新社)
参考: 「あなただから」といわれる営業マンになりなさい! 桑原正守 著 (学習研究所)

 

【まとめ】

本当のプラス思考という3つのポイント理解すれば、
簡単に本当のプラス思考をビジネスに取り入れて手に入て役立たせることができます。

 

時間が生み出す 余裕

 

●「プラス思考」は、本当にビジネスに必要か?

自分にアイデアがあると思えば、それだけでアイデアマンになれます
 
これは 明らかに「プラス思考」といっていいでしょう
「プラス思考」の効果はじつは最先端の脳科学によっても裏付けられているのです
 
 
「プラス思考」で仕事を続けると、海馬における
電気刺激が盛んになることによってタンパク質が合成され、
神経細胞の結合が強固になる。
つまり、筋トレによって筋肉が鍛えられるように
脳が鍛え上げられるのです。
 
 
常に「プラス思考」をする習慣を身につけるだけで、
越えられなかった壁をすこしづつ越えられるようになるのです。
 
ただし、
「プラス思考」は「楽観論」とは違うので、そのへんは誤解のないように
「楽観論」は現実の危機に気づいていないか、気づいても目をそむけるかの
逃避をベースにしています。
 
 
 
★プラス思考は楽観論ではない。
 
 

●本当のプラス思考は「最善」でけでなく「最悪」を想定することからはじまる。

 

本当のプラス思考とは、いいいことばかりではなく、将来起こりうる最悪の事態も想定し、
それに備えておくことです。
 
 
たとえ対策がなかったとしても、想定している人はそれだけで強いのです、なぜなら、
想定いない人とはすでにスタート地点が違うからです。
本当のプラス思考とはこのように最善と最悪の「ふり幅」をもたせておくことです。
 
 
 
★最悪を想定して最善を尽くす
 
 

●自分に対する「批判」は大いに利用せよ

→批判を「利用」する能動的立場へ

 

 

投書に書かれた批判のうち、
二割は、大いに参考になる意見だった。

こうした批判に優れたところを積極的に探して、
むしろ自分の考え方を高めるなど、利用する。

 

批判をときに利用し、飛躍へのバネにする。
そういう柔軟さがあれば、頭はけっしてサビない

 

 

★批判をときに利用し、飛躍へのバネにする柔軟さが大事

 

 

社会の荒波にうまく乗るための【できる人】【頭がいい人】の仕事術と習慣術

 
 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*